アライド・ブレインズ、都道府県ホームページ「防災情報の伝わり易さ」を調査
〜 多くの都道府県で、障害者の情報取得に問題 〜

【プレスリリース】 報道関係者各位

2005年5月18日
アライド・ブレインズ株式会社

アライド・ブレインズ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:内田 斉、以下アライド・ブレインズ)は、全国47都道府県ホームページに掲載されている、防災に関する情報の伝わりやすさ(ウェブアクセシビリティ)の調査を行い、本日その調査結果を公開いたしました。

調査の結果、多くの都道府県ホームページで情報伝達に何らかの問題があることがわかりました。中には、視覚障害者が音声読み上げソフトで利用した場合に、全く防災に関わる情報が得られない状態にあるホームページもあります。

調査結果の詳細は、ウェブアクセシビリティ総合サイト A.A.O.に掲載しておりますので、ご参照下さい。

昨年来相次ぎました新潟県中越大震災、福岡県西方沖地震では、被災地域及び遠隔地の関係者に対する情報提供に関して、ホームページの重要性が大変注目されましたことから、今回の調査では防災情報のページを対象に調査を行いました。

自治体のホームページには、この他にも各種行政情報や介護の情報等、市民の生活に欠かせない様々な情報が掲載されています。障害や年齢がバリアにならずに、利用者がホームページから必要な情報を取得できるようになるために、都道府県をはじめとする地方自治体は、公式ホームページ全体の改善を早急に進めていく必要があると考えております。

アライド・ブレインズ株式会社
調査・コンサルティングファーム。ウェブアクセシビリティ分野では、総務省実証実験(2001、2002年度)の事務局を担当後、総務省推進プロジェクト支援、官公庁・自治体・企業のコンサルティングを多数担当。2004年7月「WebアクセシビリティJIS規格完全ガイド」を日経BP社より刊行。

A.A.O.
アライド・ブレインズ提供のウェブアクセシビリティ総合サイト。2003年11月開設。関連ニュースやコラムのほか、診断やコンサルティングなどJIS対応支援サービス案内、支援ツール群を提供中。

本プレスリリースに関するお問い合わせ

アライド・ブレインズ株式会社  担当:目次(めつぎ)・大久保
Tel:03-3261-7431  Fax:03-3261-7432 e-mail:office@aao.ne.jp
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-8 トミービル3 2階

→参考資料(アライド・ブレインズ 都道府県ホームページ 防災情報伝達度調査の概要)