アライド・ブレインズ、官公庁ウェブサイトのアクセシビリティ対応状況 調査結果を発表
- 調査対象37サイト中、アクセシビリティ対応Aレベルの官公庁サイトは2 -

【プレスリリース】 報道関係者各位

2008年8月12日
アライド・ブレインズ株式会社

アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:内田 斉、以下アライド・ブレインズ)は、2008年7月から8月にかけて、「2008年 第2回 官公庁独立行政法人ウェブサイト全ページクオリティ調査」を実施しております。本日、調査対象のうち、官公庁サイト(37サイト)についての調査結果を発表しました。この調査は、当社が独自に開発したホームページの品質を解析するプログラム「CRONOS2(クロノス2)」を用いて官公庁、独立行政法人計136サイトの“公開されている全ページ”を解析し、アクセシビリティ対応状況を調査するものです。
なお、本調査は、公共機関サイトの更なる品質向上のための指標として役立てていただく目的で実施しております。したがって、あえて調査結果の順位付けは公表しておりません。調査対象とさせていただいたウェブサイトの現時点での到達レベルをお伝えすることにより、各ウェブサイトの品質の更なる向上のきっかけとしていただきたいと願っております。

調査結果の一覧は、ウェブアクセシビリティ総合サイトA.A.O.にて公開しております。
http://www.aao.ne.jp/research/cronos2/2008_gov2/index.html

各サイトのアクセシビリティ対応状況をAからEレベルの5段階で評価したところ、サイト全体でアクセシビリティ対応が行なわれている可能性が高い「Aレベル」は、37サイト中2サイトに止まり、対応が不十分と考えられるDレベル以下のサイトが22と過半数を占めました。
本年2月に実施した調査結果と比較すると、到達レベルの上がったサイトが3サイトあった一方で、レベルが下がってしまったサイトも2サイトありました。
到達レベルの内訳:Aレベル=2 Bレベル=2 Cレベル=11 Dレベル=19 Eレベル=3

今回は、上記の到達レベル評価結果に加えて、「リンク切れがあるページの割合」についてもデータを公表しています。ページ内にリンク切れがあるページの割合がサイト全体の10%を超えているサイトが2サイトありました。いずれもサイトのリニューアルを実施した際、古いページの移行がうまくいっていないことが主な理由と考えられます。また、リンク切れを含むページが少ないサイトであっても、利用者が頻繁に閲覧するページにリンク切れがあるような場合には利用者の利便性を低下させる原因となるため、注意が必要です。(なお、リンク切れの状況は、到達レベルの評価項目には含まれません)
ウェブサイトのクオリティの確保にはサイト全体をトータルで管理することが重要であり、特に部分的なリニューアルを実施した場合などは、サイト全体として整合性が取れているかどうかの確認が必要になります。リンク切れの状況はその判断材料の一つといえます。

アライド・ブレインズ株式会社
調査・コンサルティングファーム。アクセシビリティを中心としたホームページの品質確保に関し、総務省推進プロジェクト支援、官公庁・自治体・企業のコンサルティングを多数担当。

本プレスリリースに関するお問い合わせ

アライド・ブレインズ株式会社 担当:目次(めつぎ)・田崎
Tel:03-3261-7431  Fax:03-3261-7432 e-mail:office@aao.ne.jp
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-8 トミービル3 2階

→アライド・ブレインズ「2008年 第2回 官公庁独立行政法人ウェブサイト全ページクオリティ調査(官公庁結果)」の概要