アライド・ブレインズ、独立行政法人ウェブサイトのクオリティ調査結果を発表
- 10ページに1ページ以上の割合でリンク切れのあるサイトが11サイト -

【プレスリリース】 報道関係者各位

2008年8月19日
アライド・ブレインズ株式会社

アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:内田 斉、以下アライド・ブレインズ)は、2008年7月から8月にかけて、「2008年 第2回 官公庁独立行政法人ウェブサイト全ページクオリティ調査」を実施しております。本日、調査対象のうち、独立行政法人サイト(99サイト)についての調査結果を発表しました。この調査は、当社が独自に開発したホームページの品質を解析するプログラム「CRONOS2(クロノス2)」を用いて官公庁、独立行政法人計136サイトの“公開されている全ページ”を解析し、アクセシビリティ対応状況を調査するものです。
なお、本調査は、公共機関サイトの更なる品質向上のための指標として役立てていただく目的で実施しております。したがって、あえて調査結果の順位付けは公表しておりません。調査対象とさせていただいたウェブサイトの現時点での到達レベルをお伝えすることにより、各ウェブサイトの品質の更なる向上のきっかけとしていただきたいと願っております。

調査結果の一覧は、ウェブアクセシビリティ総合サイトA.A.O.にて公開しております。
http://www.aao.ne.jp/research/cronos2/2008_gov2/index2.html

各サイトのアクセシビリティ対応状況をAからEレベルの5段階で評価したところ、サイト全体でアクセシビリティ対応が行なわれている可能性が高い「Aレベル」は、99サイト中5サイトに止まり、3分の2近くにあたる66サイトがDレベル以下でした。
本年2月に実施した調査結果と比較すると、到達レベルの上がったサイトが9サイト、レベルが下がってしまったサイトが5サイトありました。
到達レベルの内訳:Aレベル=5 Bレベル=11 Cレベル=17 Dレベル=37 Eレベル=29

今回は、上記の到達レベル評価結果に加えて、「リンク切れがあるページの割合」についてもデータを公表しています。ページ内にリンク切れがあるページの割合がサイト全体の1割を超えているサイトが11ありました。リンク切れがあるページの割合が2割を超えているサイトではほとんどの場合、グローバルナビゲーションやメニューの一部など、複数のページに共通して存在する部分にリンク切れが生じていました。

※8月12日の発表では100サイトとしておりましたが、旧(独)緑資源機構のサイトについて、独立ドメインのサイトは存続しているものの、組織としては2008年4月に廃止されて(独)森林研究所に統合されたため、調査対象から除外することといたしました。お詫びして訂正させていただきます。

アライド・ブレインズ株式会社
調査・コンサルティングファーム。アクセシビリティを中心としたホームページの品質確保に関し、総務省推進プロジェクト支援、官公庁・自治体・企業のコンサルティングを多数担当。

本プレスリリースに関するお問い合わせ

アライド・ブレインズ株式会社 担当:目次(めつぎ)・田崎
Tel:03-3261-7431  Fax:03-3261-7432 e-mail:office@aao.ne.jp
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-8 トミービル3 2階

→アライド・ブレインズ「2008年 第2回 官公庁独立行政法人ウェブサイト全ページクオリティ調査(独立行政法人結果)」の概要