ケーブルテレビ事業者の顧客管理に関する分析レポートが月刊「ニューメディア」4月号特集に掲載されました

2009年3日10日
アライド・ブレインズ株式会社

アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:内田 斉、以下アライド・ブレインズ)は月刊「ニューメディア」編集部(株式会社ニューメディア、東京都中央区)と共同で、2008年12月〜2009年1月にかけてCATV事業者に対する実態調査を実施しました。

本調査の結果は、月刊「ニューメディア」2009年4月号にて「CATV(ケーブルテレビ)事業の稼げる顧客管理」の特集を掲載されています。本特集では、調査結果を総括した分析レポート(次世代フルデジタル化に伴う主要ケーブルテレビ事業者の「稼げる顧客管理」実態調査)を寄稿しています(p28〜31)。

分析レポートでは、2011年のフルデジタル化に向けて「コミュニティチャンネルのHD化」や「100MB以上の高速工インターネット」といった新サービスに取り組む一方で、パッケージソフトやカスタム開発の顧客管理システムにより、営業活動の強化やカスタマーサポートの省力化に取り組むCATV各社の経営実態について分析しています。

なお、実態調査については「特別調査速報」を「コスト部門のプロフィットセンター化に成功」というタイトルで月刊「ニューメディア」3月号(p85)にも掲載されています。

アライド・ブレインズでは、情報通信サービスにおける事業戦略・経営戦略の立案に関する支援を手掛けており、本件以外にも多くの知見を有しております。

このニュースに関するお問い合わせ

アライド・ブレインズ株式会社 担当:大野
Tel:03-3261-7431  Fax:03-3261-7432 e-mail:office@aao.ne.jp
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-8 トミービル3 2階