ケーブルテレビ事業者のSFAに関する分析レポートが月刊「ニューメディア」10月号に掲載されました

2009年9日1日
アライド・ブレインズ株式会社

アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:内田 斉、以下アライド・ブレインズ)は月刊「ニューメディア」編集部(株式会社ニューメディア、東京都中央区)が実施した「稼げるSFA実態調査」の結果を分析し、レポートを寄稿しました。

レポートは、月刊「ニューメディア」2009年10月号の特集「稼げるSFA最強のCATV営業実現実態調査」の分析記事として掲載されています(p27〜30)。レポートでは、ケーブルテレビ営業の実態と営業活動における課題、CATV事業者における営業情報システム(SFA)の活用状況について分析しています。

この調査を通じて、ケーブルテレビ事業者は安定から競争の時代を迎え、営業面の強化が求められていますが、まだSFAの導入・活用はあまり進んでいない実態が分かりました。また、今後営業力強化のためにSFAを含めた多様な取り組みをおこなう必要性も明らかになっています。

アライド・ブレインズでは、情報通信サービスにおける事業戦略・経営戦略の立案に関する支援を手掛けており、本件以外にも多くの知見を有しております。

このニュースに関するお問い合わせ

アライド・ブレインズ株式会社 担当:大野
Tel:03-3261-7431  Fax:03-3261-7432 e-mail:office@aao.ne.jp
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-8 トミービル3 2階