「地域における新たな電波の有効活用」に関する意見募集

2010年3月10日
アライド・ブレインズ株式会社

現在総務省では「新たな電波の活用ビジョンに関する検討チーム」をたちあげ、ホワイトスペース(※)の活用など、新たな電波の有効利用の促進に向けた検討を行っています。

アライド・ブレインズでは、同検討チームでの議論に資するため、総務省から委託を受け、地域社会における情報発信ニーズや電波利用ニーズ、新たな電波利用のイメージなどを把握するための調査を実施しています。以下の順序で、電波の利用ニーズや利用イメージについての資料をご覧いただき、示してある利用イメージ等に関する皆様のご意見やアイディアをお聞かせください。

(1) ホワイトスペースを使った地域メディアのイメージ

まず、以下のリンク先の資料をご覧になってください。今回想定している「ホワイトスペースを使った地域メディア」の概要と特徴について、簡単に説明しています。

(2) 地域での利用イメージ一覧表

次に、以下のリンク先の資料をご覧ください。ホワイトスペースを地域でどのようなことに使えそうか、総務省が1月に行った提案募集で集まったアイディアを中心に、利用イメージを示しています。
利用イメージは、大都市圏・地方都市・観光地に分けて示しています。

利用イメージ等に対するご意見の投稿

(1)、(2)の資料をご覧になったうえで、以下のリンク先にご用意した意見募集ページに、あなたのご意見、ご要望等を記入して弊社宛にご送信ください。

お送りいただきましたご意見、ご要望は弊社で整理した後、総務省に報告させていただき、ホワイトスペース活用の議論の参考とさせていただきます。
本調査にご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

※ ホワイトスペースとは:特定の電波利用サービスを目的に特定周波数帯の利用免許が与えられているにもかかわらず、使用されていない周波数領域(具体的には、現在放送事業者等に割り当てられているが、実際には利用されていない領域を指します)

このページに関するお問い合わせ先

アライド・ブレインズ株式会社 担当:田崎
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-8 トミービル3、2階
電話:03-3261-7431 FAX:03-3261-7432
E-mail:tasaki@a-brain.com